あかね会の活動

 「南多摩同窓会あかね会」について

校章

 

 

 

 明治443月、東京府立第四高等女学校の第1回生が卒業した同年1126日、同窓会が発足、初代会長には長尾松三郎校長が就任しました。

 その後昭和26年、渡辺ふみさん(本科1回生)が第4代会長に、卒業生から就任した最初の会長でした。

 

 現在の「あかね会」の名称は、昭和33年、伝統ある南多摩高校の同窓会に相応しい名称をという要望に応えて、当時の第5代池田文雄校長が、東の空をあかね色に染める朝日を想定し、また、未来を拓く若者の燃え立つ色でもあるということで、「あかね会」と命名しました。
 南多摩高校が閉校し、南多摩中等教育学校へと「南多摩」が引き継がれ、同窓会も引き継がれたことから、現在は、同窓会の名称に南多摩を冠し、「南多摩同窓会あかね会」となりました。

 

 現在、同窓会の会員は延べ28000人を越え、 府立・都立第四高等女学校、都立南多摩高等学校、都立南多摩中等教育学校の同窓会として現在に至ります。
 毎年
5月の第3日曜には母校に於いて同窓会の総会が開催され、会員なら誰でも参加でき、会員相互の親睦がはかられています。

 

 平成23年には、同窓会も設立100周年を迎えました。

 

 

 

会長の挨拶   規約と役員   年間行事予定   100周年基金について   個人情報の扱い   会員情報変更フォーム